212















サンデーサイレンス産駒が勝利|13歳馬 

世紀の大種牡馬サンデーサイレンスを父に持つ13歳馬が、12日の水沢競馬で1着となった。

 水沢2R(C2四組、ダート1400メートル、不良馬場)に出走したビュレットライナー(岩手・佐藤雅彦厩舎、牡13歳)が、先手を取って堂々の逃げ切り勝ち。同馬にとって昨年6月9日以来となる勝ち星を挙げた。

 ビュレットライナーは、2004年9月に中央競馬でデビュー。3戦目で初勝利を挙げたものの、その後は低迷してホッカイドウ競馬に転出し、09年の暮れからは岩手に移っていた。年齢を重ねても元気に走り続け、この日の勝利で通算成績は133戦18勝(うち中央23戦1勝)となっている。

 世界にも例が見られないといわれるほどの成功を収めたサンデーサイレンス産駒としては、現役最年長馬。SS産駒の最終世代は現在12歳だが、それより1歳年上のビュレットライナーは、現役で頑張り続けている。