地方競馬の格言|東京ダービー結果|小久保厩舎には要注意
 

 3日、大井競馬場で第61回東京ダービー(3歳・ダ2000m・1着賞金4200万円)が行われ、5番手でレースを進め、3~4コーナーで前に取りついた今野忠成騎手騎乗の9番人気ラッキープリンス(牡3、浦和・小久保智厩舎)が、直線に入って抜け出し、34回目のダービー挑戦となる的場文男騎手を背に追い上げてきた6番人気パーティメーカー(牡3、浦和・小久保智厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分7秒5(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に10番人気ヴェスヴィオ(牡3、大井・鈴木啓之厩舎)が入った。なお、3番人気ララベル(牝3、大井・荒山勝徳厩舎)は4着、1番人気オウマタイム(牡3、船橋・林正人厩舎)は6着、2番人気ストゥディウム(牡3、船橋・矢野義幸厩舎)は7着に終わった。

 勝ったラッキープリンスは、父サイレントディール、母ウォータートスカ、その父オペラハウスという血統。前走の羽田盃で11番人気3着と好走したものの、今回も9番人気と評価は低かったが、これを見事に覆してダービー制覇を果たした。また、鞍上の今野忠成騎手、本馬を管理する小久保智調教師にとっても、これが初めての東京ダービー制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ラッキープリンス(牡3)
騎手:今野忠成
厩舎:浦和・小久保智
父:サイレントディール
母:ウォータートスカ
母父:オペラハウス
馬主:国田正忠
生産者:畔高牧場
通算成績:12戦6勝(重賞2勝)

 

東京ダービー結果ー2015年

1着 ラッキープリンス 今野忠成

2着 パーティメーカー 的場文男

3着 ヴェスヴィオ 吉原寛人

 

 

東京ダービーのツイッター