大井記念結果|完璧だった予想|ネット評価まとめ
 
プレティオラスが直線一気V重賞3勝目/大井記念
 

 20日、大井競馬場で第60回大井記念(4歳上・ダ2000m・1着賞金2200万円)が行われ、後方でレースを進めた本橋孝太騎手騎乗の4番人気プレティオラス(牡6、大井・森下淳平厩舎)が、直線で外から一気に突き抜け、好位追走から脚を伸ばした5番人気ユーロビート(セ6、大井・渡辺和雄厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒5(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に9番人気スコペルタ(牡4、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。なお、3番人気トーセンアレス(牡8、浦和・小久保智厩舎)は6着、2番人気グランディオーソ(牡6、大井・藤田輝信厩舎)は7着、1番人気ドラゴンエアル(牡4、川崎・高月賢一厩舎)は10着に終わった。

 勝ったプレティオラスは、父フィガロ、母ユーロペ、その父ダンスインザダークという血統。重賞は2013年の東京記念以来で、3勝目。

【勝ち馬プロフィール】
◆プレティオラス(牡6)
騎手:本橋孝太
厩舎:大井・森下淳平
父:フィガロ
母:ユーロペ
母父:ダンスインザダーク
馬主:伊達泰明
生産者:サンシャイン牧場
通算成績:33戦6勝(JRA5戦0勝・重賞3勝)

最終更新:5月20日(水)20時50分

 

強かった・・・プレティオラス


ma