東京大賞典に外国馬が出走する、いろいろなまとめ

 11日、東京大賞典(12月29日・大井競馬場・ダート2000m)に米国馬1頭が参戦の意思を表明した。海外馬の出走は同競走史上初となる。

 複数の米国馬が予備登録後、選定され出走を決定したのがソイフェット(Soi Phet セン6歳、米国・パウエル厩舎)。昨年、現オーナー陣営に購入されると、オーナーたちの期待に応えるかのように4連勝。勢いに乗って臨んだオーサムアゲインS(GI・サンタアニタ、ダ1800m)では、後にBCクラシックを優勝するムーチョマッチョマンに続く3着に入線。実力の一端を見せた。今年9月のロスアラミートス・マイルでは、コースレコードを更新して優勝するなど、スピードのある競馬を見せている。

「普段はおとなしいジェントルな馬だが、輸送に強く、レースでは闘争心の塊」とパウエル調教師が語るように、長距離輸送は問題ない。また、「今回の出走ならびに遠征を成功させることに対して、私たちは大きな希望を持っておりますし、またこの機会がサンタアニタ競馬場・大井競馬場間の交流において新たなきっかけになることを願っています」と、強い出走意欲をもっている。

 東京大賞典は、2011年に国際GIに格付けされてから3回施行されているが、第60回となる今年、初めてJRA馬・NAR馬と米国馬が激突。地方競馬史に大きな足跡が刻まれることになりそうだ。

 
2013年東京大賞典
 
 
東京大賞典-2013年
1着-ホッコータルマエ 幸英明
2着-ワンダーアキュート 武豊
3着-ニホンピロアワーズ 酒井学