第11回レディスプレリュード 結果と動画

 2日、大井競馬場で行われたレディスプレリュード(ダート1800メートル)は直線抜け出したJRAワイルドフラッパー(牝5・松田国)が単勝1・5倍の断然人気に応えて優勝。蛯名は東京盃(ノーザンリバー)に次ぐ2夜連続の重賞制覇を決めた。勝ち時計は1分51秒5。今後は、Jpn?・JBCレディスクラシック(11月3日=盛岡ダート1800メートル)でダート女王の座を狙う。

 ワイルドフラッパー1着・蛯名騎手「追い出してから一瞬手応えが悪かったが、しごいたら歯を食いしばって前を追いかけてくれた。まだ本気を出していないし、本番が楽しみ」

 サンビスタ2着・岩田騎手「いい展開だったし、力は出せている」

 カチューシャ3着・三浦騎手「成長をうかがえる内容だったが、1800メートルは長い」

 サウンドガガ8着・武豊騎手「やはり距離が長いね」

 

レディスプレリュード動画-2014年

 
1着 ワイルドフラッパー
2着 サンビスタ
3着 カチューシャ
 
 
ツイッターの声