川島正行|南関東の名伯楽死去
ヤフーニュース 

 長年にわたり、南関東No.1調教師に君臨し、地方競馬をけん引してきた川島正行調教師が7日12時30分、呼吸不全のため習志野市内の病院で死去した。66歳だった。千葉県出身。通夜は12日18時、告別式は13日10時から。ともに馬込斎場第1式場(千葉県船橋市馬込町1102‐1)で行われる。喪主は妻のるみさん。

 肝臓がん、糖尿病の合併症で闘病していたが7日、呼吸不全のため天国へ旅立った。

 64年に船橋競馬場で騎手デビュー。87年に引退するまで通算786勝。リーディングジョッキーのタイトルも1度獲得している。

 90年に調教師に転身後、同年7月26日2戦目タイガーショウハイで初勝利。同年の7勝を皮切りに、3年目以降から年間20勝をコンスタント越え、順調に勝ち星を重ねた。06年100勝、09年112勝と2度、年間100勝以上の快挙も達成しており、先日まで1276の勝ち星を挙げている。その中身も濃く、92年のキタサンテイオーでの平和賞で初重賞制覇から始まり、統一G113勝を含む138勝をもの重賞タイトルも獲得している。

 NARグランプリにおいても94年に初受賞したあと、00年と02~08年の7年連続を含め9回の最優秀調教師賞に輝き、昨年まで12年連続で全国最多賞金獲得調教師となっていた。管理代表馬である04、05年東京大賞典(Jpn1)を優勝したアジュディミツオーは2年連続でNAR年度代表馬に輝き、06年全日本2歳優駿(Jpn1)優勝のフリオーソは2歳最優秀馬に選出されたあと、07年にはジャパンダートーダービー(Jpn1)を制し、古馬になってからは08、10年帝王賞(Jpn1)にも勝ち、07、08、10、11年のNAR年度代表馬となっている。

 歌手・北島三郎(馬主として長年の親交)「ジョッキー時代から兄弟のように、家族同様の付き合いのあった川島調教師の訃報を聞き、さみしさでいっぱいです。大切な友が旅立ってしまい残念でなりません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」

 大井所属時代に主戦を務めたJRAの戸崎圭太騎手「地方時代は大変お世話になっていた方。先週、会いに行ったときはまだ大丈夫かなと思ったんですが…。心の準備をしていたとはいえ、とても残念です」

 

【NARグランプリ受賞歴】

最優秀調教師賞:1994年、2000年、2002年~08年

優秀調教師賞:1997年最優秀賞金収得調教師賞:2009年、2010年、2012年、2013年

主な活躍馬

サクラハイスピード(1994年東京盃、1995年東京盃優勝など)

サプライズパワー(1997年東京王冠賞、東京ダービー、1999年かしわ記念、2000年日本テレビ盃優勝など)

ネームヴァリュー(2003年TCK女王盃、帝王賞優勝など)

アジュディミツオー(2004年東京大賞典、2005年東京大賞典、2006年川崎記念、かしわ記念、帝王賞優勝など)

シーチャリオット(2005年羽田盃、東京ダービー優勝、2004年全日本2歳優駿2着)

ナイキアディライト(2006年埼玉新聞杯、2007年京成盃グランドマイラーズ、日本テレビ盃優勝)

フリオーソ(2006年全日本2歳優駿、2007年ジャパンダートダービー、2008年・2010年帝王賞、2011年川崎記念、かしわ記念優勝)

プライドキム(2007年船橋記念、報知グランプリカップ、2008年クラスターカップ優勝)

トーセンジョウオー(2007年エンプレス杯、マリーンカップ、2008年スパーキングレディーカップ優勝)

ナイキハイグレード(2008年ハイセイコー記念、2009年京浜盃、羽田盃優勝)

ネフェルメモリー(2009年浦和桜花賞、東京プリンセス賞優勝)

マズルブラスト(2010年金盃優勝)

マグニフィカ(2010年東京湾カップ、ジャパンダートダービー優勝)

ナイキマドリード(2011年さきたま杯、2014年習志野きらっとスプリント優勝)

クラーベセクレタ(2011年東京ダービー、羽田盃、クイーン賞優勝など)

アスカリーブル(2012年関東オークス優勝など)エミーズパラダイス(2012年ロジータ記念優勝)

カイカヨソウ(2012年東京2歳優駿牝馬、2013年東京プリンセス賞優勝など)

アウトジェネラル(2013年羽田盃優勝)

 

 ツイッターの声

 

2chの声

1:2014/09/07(日) 18:29:03.94 ID:
数々の名馬を育て上げ、地方競馬を代表するトレーナーとして知られた
船橋競馬の川島正行調教師が7日午後0時30分、病気のため死去した。66歳。

川島調教師は1964年に船橋競馬で騎手としてデビュー。通算6668戦786勝(うち重賞13勝)
の戦績を残して、調教師に転身した。90年の初出走からすぐに頭角を現し、
中央で頭打ちになった馬を再生させたり、生え抜きの大物を次々と送り出すなどして、
その存在を全国区に広めた。なかでも管理馬のアジュディミツオーは、
地方所属馬として初めてドバイワールドカップに挑戦(05年6着)。
地方どころか日本の枠をも飛び越える活躍で、“船橋に川島あり”を強く印象付けた。
調教師としては地方通算4839戦1276勝(9月6日現在)。重賞139勝(うちGI・13勝)、勝率26.4%
という驚異的な戦績を残した。東京ダービー5勝は歴代最多タイ。
NARグランプリでは最優秀調教師賞を9回受賞した。千葉県調教師会の会長職も務めており、
息子の川島正太郎騎手も活躍している。

アジュディミツオーのほかにも、GI6勝のフリオーソや、ネームヴァリュー、マグニフィカ
といったGI馬を育て上げ、地方競馬のステータスを飛躍的に向上させた偉大なホースマンは、
志半ばで惜しまれつつ世を去った。

SANSPO.COM
http://race.sanspo.com/nationalracing/news/20140907/nranws14090717070008-n1.html

川島正行師詳細:NAR
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/DataRoom/TrainerMark?k_trainerLicenseNo=10059
10:2014/09/07(日) 18:34:20.36 ID:
2011


一番最後のインタビュー
http://www.tokyocitykeiba.com/race/grade-race/?Date=20140604#graderace-tab02
12:2014/09/07(日) 18:34:48.46 ID: