サンタアニタトロフィー結果と動画といろいろなまとめ

 30日、大井競馬場で第35回サンタアニタトロフィー(3歳上・ダ1600m・1着賞金1300万円)が行われ、好位でレースを進めた本橋孝太騎手騎乗の6番人気セイントメモリー(牡7、大井・月岡健二厩舎)が、直線で前を捕らえて抜け出し、後方から追い上げた1番人気グランディオーソ(牡5、大井・藤田輝信厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒0(良)。

 さらにクビ差の3着に10番人気ジョーメテオ(牡8、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンアドミラル(牡7、船橋・川島正行厩舎)は8着、3番人気ジェネラルグラント(牡4、船橋・出川克己厩舎)は12着に終わった。

 勝ったセイントメモリーは、父アフリート、母ソラーティカ、その父Haloという血統。このレースは昨年1番人気で制しており、今回は6番人気と評価を落としていたものの、見事抜け出しを決めて連覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
◆セイントメモリー(牡7)
騎手:本橋孝太
厩舎:大井・月岡健二
父:アフリート
母:ソラーティカ
母父:Halo
馬主:内海正章
生産者:バンブー牧場
通算成績:36戦15勝(重賞4勝)

 
インタビュー動画
 
レース動画
 
 
2chの声
8:2014/07/27(日) 22:06:18.33 ID:
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  7/30 大井11R ダ・右 1600m
┃第35回 サンタアニタトロフィー(SⅢ)┃(´∀` )<3歳以上オープン ハンデ 発走20:15
┣━━━┯━━━━━━━━━━━┻○━○━┯━━━┯━━━━━┯━━━━━┓
┃ 1│ 1│フォーティファイド      [牡9]│ 57.0│今  野│(大)藤田輝|京成盃   7┃
┃ 1| 2|セイントメモリー         [牡7]│ 57.5│本  橋│(大)月岡健|京成盃   3┃
┃ 2| 3|ガンマーバースト     ....[牡7]│ 57.0│  森  │(船)出川克│京成盃   4┃
┃ 2| 4|キスミープリンス       [牡6]│ 56.5│岡  部│(浦)小久保|帝王賞  10┃
┃ 3| 5|トーセンアドミラル     [牡7]│ 57.5│川  島│(船)川島正|京成盃   1┃
┃ 3| 6|ゴーディー         ..[牡6]│ 56.5│的  場│(大)赤嶺本|武蔵野op 1┃
┃ 4| 7|ソルテ             [牡4]│ 57.0│和  田│(大)寺田新│京成盃   2┃
┃ 4| 8|ピエールタイガー      [牡6]│ 56.5│真  島│(大)荒山勝..| フジノ記念.14┃
┃ 5| 9|ツルオカオウジ         .[牡7]│ 56.0│達  城│(大)久保與│武蔵野op 3┃
┃ 5|10|グランディオーソ        [牡5]│ 54.0│御神本│(大)藤田輝|スターライトc..1┃
┃ 6|11|ジェネラルグラント     .[牡4]│ 57.0│石崎駿│(船)出川克|東京スプリ..5┃
┃ 6|12|ジョーメテオ           .[牡8]│ 57.0│坂  井│(浦)小久保|京成盃   8┃
┃ 7|13|ミヤサンキューティ    ..[牝6]│ 54.0│笹  川│(大)米田英..| ゆりかop 12┃
┃ 7|14|アルゴリズム         [牡6]│ 56.5│町  田│(大)堀千亜|北海スプリ..8┃
┃ 8|15|パワーストラグル      [牡8]│ 56.0│矢  野│(大)荒山勝|武蔵野op 9┃
┃ 8|16|サトノタイガー        [牡6]│ 57.0│吉  原│(浦)小久保..| 川崎マイラー.1┃
┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━┷━━━┷━━━━━┷━━━━━┛
175:2014/07/31(木) 06:04:30.29 ID:
本橋孝騎手(セイントメモリー1着) 「位置取りは理想通り。休養後は苦戦していたが、勝つことができて泣きそうなくらいうれしい」

月岡健調教師(同) 「鞍上が本当にうまく乗ってくれた。韓国交流戦にも選ばれているが、ここを勝てたので今後のローテは白紙に戻す」

御神本訓騎手(グランディオーソ2着) 「向こう正面でゴチャついてしまった。あそこでスムーズに行ければ…」

坂井英騎手(ジョーメテオ3着) 「ペースが遅かったね。もう少し流れてくれた方がよかった」

達城龍騎手(ツルオカオウジ4着) 「最初から内に入れようと思っていた。道中でロスがなかった分、切れのある脚を使ってくれた」

的場文騎手(ゴーディー5着) 「馬が良くなっている。前走がフロックではないと証明できた。また重賞を獲れる力はある」

川島正騎手(トーセンアドミラル8着) 「少し重かったし、包まれたのも響いた」

張田京騎手(ソルテ10着) 「スタートで挟まれて、走る気をなくしてしまった感じ」

石崎駿騎手(ジェネラルグラント12着) 「3コーナーでは勝てると思ったが、最後は脚が上がっていた。わからない…」