競馬(地方競馬)まとめ情報|地方・中央競馬ファン向け

競馬ファン向けの2chまとめサイトです。一緒に競馬を楽しみませんか?地方競馬のレース結果・動画2ch,ツイッター,ヤフーニュースなどなどから語っています!!問題がありましたすぐ削除しますのでよろしくお願いします。

    2014年08月

    5
    アフター5スター賞、2014年結果・2014年動画・いろいろな声

    ◆第21回アフター5スター賞・S3(27日・ダート1200メートル、大井競馬場、良)

     南関東の有力スプリンターによる地方競馬の重賞は12頭が出走して争われ、3番人気のサトノタイガー(吉原寛)が、6番人気のゴーディー(的場文)をゴール寸前で鼻差かわして1着。南関東での重賞2勝目を挙げた。3馬身差の3着には4番人気のサトノデートナが入り、1番人気のアルゴリズムは8着に終わった。1着のサトノタイガーには東京盃・交流G2(10月1日、大井)への優先出走権が与えられた。

     ◆サトノタイガー 牡6歳の黒鹿毛。父キングカメハメハ、母ファビラスターン(父サンデーサイレンス)。戦績31戦7勝(南関東5戦2勝)。主な勝ち鞍・14年川崎マイラーズ。総収得賞金1億1743万6000円。生産者・北海道千歳市の社台ファーム。馬主・松村真司氏。浦和・小久保智厩舎所属。

     

    『注目』

    地方競馬のいろいろなものを集めました

    地方競馬サイト




    bb














     

    2014年アフター5スター賞

     
    1着 サトノタイガー
    【アフター5スター賞、2014年結果・2014年動画・いろいろな声】の続きを読む

    5

     24日、佐賀競馬場で第2回志布志湾賞(3歳上・ダ1400m・1着賞金65万円)が行われ、最後方追走から道々に差を詰め、4コーナーで先団の後ろまで上がった渡辺博文騎手騎乗の4番人気ガンバルジャン(牡7、佐賀・浜田一夫厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切って優勝した。勝ちタイムは1分28秒9(不良)。

     1/2馬身差の2着は5番人気キングダムキング(牡6、佐賀・浜田一夫厩舎)と1番人気コパノエクスプレス(牡4、佐賀・東真市厩舎)の際どい争いとなったが、キングダムキングがわずかに先着。ハナ差でコパノエクスプレスが3着となった。なお、2番人気イッツアチャンス(牡7、佐賀・九日俊光厩舎)は4着、3番人気ロンギングトゥユー(牝5、佐賀・山田義人厩舎)は9着に終わった。

     勝ったガンバルジャンは、父マーベラスサンデー、母アローフィールド、その父シャーディーという血統。これが南関東から佐賀への移籍後初勝利となった。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆ガンバルジャン(牡7)
    騎手:渡辺博文
    厩舎:佐賀・浜田一夫
    父:マーベラスサンデー
    母:アローフィールド
    母父:シャーディー
    馬主:森田芳男
    生産者:森田芳男
    通算成績:37戦10勝(重賞1勝)

     

    5
    サンタアニタトロフィー結果と動画といろいろなまとめ

     30日、大井競馬場で第35回サンタアニタトロフィー(3歳上・ダ1600m・1着賞金1300万円)が行われ、好位でレースを進めた本橋孝太騎手騎乗の6番人気セイントメモリー(牡7、大井・月岡健二厩舎)が、直線で前を捕らえて抜け出し、後方から追い上げた1番人気グランディオーソ(牡5、大井・藤田輝信厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分39秒0(良)。

     さらにクビ差の3着に10番人気ジョーメテオ(牡8、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンアドミラル(牡7、船橋・川島正行厩舎)は8着、3番人気ジェネラルグラント(牡4、船橋・出川克己厩舎)は12着に終わった。

     勝ったセイントメモリーは、父アフリート、母ソラーティカ、その父Haloという血統。このレースは昨年1番人気で制しており、今回は6番人気と評価を落としていたものの、見事抜け出しを決めて連覇を達成した。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆セイントメモリー(牡7)
    騎手:本橋孝太
    厩舎:大井・月岡健二
    父:アフリート
    母:ソラーティカ
    母父:Halo
    馬主:内海正章
    生産者:バンブー牧場
    通算成績:36戦15勝(重賞4勝)

     
    インタビュー動画
    【サンタアニタトロフィー結果と動画といろいろなまとめ】の続きを読む

    5
    スパーキングサマーカップ結果と動画といろいろなまとめ

     20日、川崎競馬場で第11回スパーキングサマーカップ(3歳上・ダ1600m・1着賞金1200万円)が行われ、先団の後ろでレースを進めた張田京騎手騎乗の6番人気トーセンアレス(牡7、浦和・小久保智厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、2着の1番人気ジョーメテオ(牡8、浦和・小久保智厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒7(良)。

     さらにアタマ差の3着に5番人気ミラーコロ(牡6、川崎・八木仁厩舎)が入った。なお、2番人気オベロンホワイト(牡4、船橋・函館一昭厩舎)は8着、3番人気キスミープリンス(牡6、浦和・小久保智厩舎)は9着に終わった。

     勝ったトーセンアレスは、父アドマイヤドン、母レース、その父Gulchという血統。JRAからの再転入後3戦目での勝利となった。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆トーセンアレス(牡7)
    騎手:張田京
    厩舎:浦和・小久保智
    父:アドマイヤドン
    母:レース
    母父:Gulch
    馬主:島川隆哉
    生産者:ノーザンファーム
    通算成績:33戦9勝(JRA24戦6勝・重賞2勝)

    スパーキングサマーカップ2014年結果と動画

     

     

     

    【スパーキングサマーカップ結果と動画といろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ